車の正しい売り方

車を売る重要なポイント

車を売る際にいろんなサイトや雑誌などに高く売る方法といった情報がたくさんありますが、そのほとんどが同じような内容ばかりです。

 

 

『グレードや装備は〇〇なら高く売れる』
『走行距離は少なく、高年式は高い』
『事故車は売れない』
『汚いと安い』

 

など分かりきった事ばかりです。

しかも、今更どうしようもなく、出来ることといったら洗車、清掃するくらいです。

つまり、今の現状でどこが一番高く買い取ってくれるのかが重要なんですよね。

 

極端な話、軽自動車を外車のディーラーに売りに行っても買取してくれないのと同じで、車種や車の状態によって、買取金額が変わってくるという事です。

 

中古車は大きく分けて5つのパターンに分けられます。

ここ数年、店舗や商品にランク付けされることが当たり前の社会になってきているように思えます。

 

ミシュランガイドや食べログ、サイトレビューなどといった口コミ評価の事です。

 

中古車の場合、その車のランク付け、いわゆる評価点というランク付けを導入した歴史はずいぶん長く、中古車販売店はその評価点を基に仕入れしたり、買取の際は評価点を基に査定金額を提示するものとなっています。

 

その評価点の基準はボディーの傷、凹み、修理跡、交換歴、事故歴などがどれほどあるのかで評価点数が決められます。ただ、それ以前にその車の年式や走行距離、車両状態ですでに買取先が決まっているのです。

 

それは以下の5つのパターンに分けられます。

 

①5年以内、5万キロ以内
②10年以内、10万キロ以内の車
③10年以上、10万キロ以上の車
④修復歴がある車(過去に事故を起こし原状回復している)
⑤壊れて動かない車(事故現状車、故障車、冠水車など)

 

実際に中古車情報誌サイトなどで確認出来ますが、これらが相場のラインとなり売価の差が出ているはずです。

 

では愛車をどういった買取業車へ売却するのがベストなのか解説していきたいと思います。

 

 

①5年以内、5万キロ以内の車はコチラから⇒

②10年以内、10万キロ以内の車はコチラから⇒
③10年以上、10万キロ以上の車はコチラから⇒
④修復歴がある車(過去に事故を起こし原状回復している)はコチラから⇒
⑤壊れて動かない車(事故現状車、故障車、冠水車など)はコチラから⇒

カテゴリ:車買取について 

ページの先頭へ