シリンダーってなに?

シリンダーの構造と役割

シリンダーはエンジンの燃焼が行われる場所の事をいいます。主にシリンダーヘッド、シリンダーブロックこの2つで構成されています。

 

 

シリンダーとはシリンダーブロックにある円筒部分のことで、シリンダーを形つくるシリンダーブロックはかつて鋳鉄製が一般的だったが、最近では軽量で放熱性にも長けたアルミニウム合金が使えわれることもあるのです。

 

レシプロエンジンの場合、シリンダー内でピストンが往復運動を行い、熱エネルギーを連動エネルギーに変えて必要な動力を発生させます。

 

上下動するピストンが最も下がった状態を下死点、最も上がった状態を上死点といい、この距離をストローク(行程)といいます。

 

そして、エンジンの排気量というのはこの間の容積の事を指します。

 

ちなみに、シリンダーの数はそのままその自動車の気筒数となります。例えば、シリンダーが4つであれば4気筒エンジンとなります。

 

シリンダーブロックとは

シリンダーブロックとはシリンダーを構成するエンジンの骨格となる部分であり、シリンダーブロックの寿命はそのままエンジンの寿命を左右します。

 

燃料の燃焼はシリンダーという筒内(燃焼室)で行われるが、このシリンダーを構成するのがシリンダーブロックです。

 

燃焼室では絶えず爆発が起こり、熱の膨張力でピストンが激しく動きます。

 

そこで、シリンダーブロックは上部克熱に強い必要があり、鋳鉄やアルミニウム合金で作られています。

 

また、ピストンやクランクシャフトなどを収納する容器としても機能し、下部にはオイルパンが備えられています。

 

 

シリンダーヘッドとは

シリンダーヘッドはシリンダーブロック上面に組付けられ、カムシャフトや吸排気バルブなどが取り付けられています。

 

シリンダーブロックの上に装着されるシリンダーヘッドはバルブやカムシャフトといった部品を収納する構造物です。シリンダーヘッドの上には、さらにロッカーカバーが取り付けられています。

 

シリンダーヘッドの最下部はピストンが最も上昇する上死点となり、ピストン上部とともに燃焼室を形成しています。

 

シリンダーブロックと同様に常に高温にさらされている為、冷却水やエンジンオイルの通り路を設けながら、鋳鉄製もしくはアルミニウム合金製で頑丈に作られています。

 

 

オーバーヒートによるシリンダーの故障

『ガスケットを突き破った』というセリフを耳にしたことはありませんか?

 

これはオーバーヒートを起こし、熱に耐えられなくなったシリンダーヘッドガスケットが破れて冷却水がエンジンオイルの通り路に混入してしまい、さらにはバルブが破損し、クランクシャフトが変形してしまうことなのです。

 

つまり、エンジンの骨格であるシリンダーが機能しなくなることなのです。こうなると、修理よりもエンジン交換が早いと言えます。

 

エンジンオイルのゲージを抜いてみると通常であればきつね色または黒でオイルの状態が残りますが、冷却水と混合してしまうとオイルは乳化しますので、ベージュまたは茶色のヨーグルト状態がゲージについています。

 

この状態ではまずエンジンの始動をせずに、軽度なのか重度なのかまず点検してもらいましょう。

 





最近の投稿
1 2 3 5

ページの先頭へ