自分で出来るエアフィルターの交換

エアフィルターの交換時期と交換方法

車のエンジンは空気とガソリンを混合し燃焼させることで動きます。つまり、エンジンの原動力となるものがガソリンと空気です。当然ながらガソリンや空気を送り込むのに欠かせないのがフィルターです。ガソリンには燃料フィルター、空気にはエアフィルターを介して、より新鮮な燃料と空気を送り込み、エンジンのパワーや燃費の向上につなげることとなります。

 

特にエアフィルターはエンジンをかけている間、常に空気を取り込みますからフィルターはホコリやゴミ、虫などで目詰まりしやすいのです。フィルターの交換を怠ると新鮮な空気を送り込めないだけでなく、十分な空気を送り込めなくなり、燃料に対して空気の量が少なくなる為、燃費が悪くなります。

 

エアフィルターは交換しなくてもエンジンはかかりますし、走行に支障は出ませんので特に意識する部分ではありません。一般的なエアフィルターの交換時期は1年または1万kmが目安ですが、高速道路の使用頻度が多かったり、砂ぼこりが多い道などは交換時期を早くしたほうが良いでしょう。

 

さて、エアフィルターの新品状態と使用約1年の状態を見比べてみましょう。

左(赤)が新品です。

フィルターの裏面(外気を取り込む面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホコリや虫の死骸で目詰まりしています。

 

ご覧のように汚れたエアフィルターでは新鮮な空気を送るどころか空気自体を送り込むことが出来ない状態のように見えます。エアフィルターは紙製なので洗浄することはできませんので基本交換作業となります。部品自体は2000円~4000円の間でしょう。

 

交換後はエンジンのアイドリングも安定し、燃費も向上したように思えます。夏場、冬場はエアコンの稼働時間が長くなりやすいため特にエアフィルターの交換はおすすめですよ。

 

福岡 廃車買取はコチラから≫≫≫

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:メンテナンス 

ページの先頭へ