【実体験!!】エンジンオイルを変えるだけで燃費向上

車と燃費は永遠のテーマ

自動車を売るときの理由、買う時の条件として『燃費』が今までより良いものを選ぶ人がほとんどではないでしょうか。『燃費が悪なったから買い替える』『大きい車にしたいけど燃費も良い車が欲しい』などなど燃費というワードが必ず検討材料になっているはずです。

 

しかし、買い替える余裕がない人が多いのが比率的に多いのが現状であり、ガソリン代が高騰してもエコ運転しながらもいつの間にか元の運転にもどっちゃっている人も多いと思います。普段からエコ運転している人も車のメンテナンスをまめにしていない人はいくら燃費が良い車に買い替えたところでその車の燃費の良さを発揮することはできないでしょう。

 

さて、私の車は平成18年式のステップワゴン、走行距離も10万kmオーバーです。ほぼ毎日、通勤で一日30kmほど走ります。そんな車の燃費は約6.5km/Ⅼです。ミニバンだし元々ステップワゴンの燃費はあまりよくないのは知ってましたし、中古車で購入した為さほど気にはならず『こんなもんか。。。』という評価でした。

 

車のメンテナンス状況はというと、年に一回エンジンオイルの交換。車検時(2年に一回)にオイルエレメントやエアーエレメントを交換するくらい。幸い以前まで車関係の仕事をしていたこともありユーザー車検で安上がりに済ませます。なので、ほぼノーメンテ状態なのです。

 

そんなある日、友人からこんなものを貰いました。

 


エンジンオイルなどケミカル用品で有名なワコーズのフラッシングオイルと添加剤です。ワコーズのフラッシングオイルの洗浄能力はすでに検証済みで、その洗浄力はフラッシング後、オイルのゲージを上げてみるとオイルが綺麗すぎてゲージのどの位置にオイルがあるのかわからなくなるくらい綺麗になるのです。

 

で、添加剤は評判がイイのは耳にしてましたが実際に使ったことはありませんでした。ここで重要なのはワコーズの商品が通常カーショップや量販店では手に入らない事です。というのは通常ワコーズは整備工場などとしか取引しないからです。

 

エンジンオイルを変えてみる

早速、ワコーズのフラッシングと添加剤を使うことにします。今までのエンジンオイルの交換時に使用していた、オイルは10W-30の一番安いオイルです。ちなみにお値段は980円くらい。

 

今回は0W-20のオイルを使用します。ちなみにお値段は1980円ほど。この際、奮発します!で、フラッシングする際はエレメントも交換しなければならない為、エレメントも用意します。

 

①エンジンオイルを抜きます。

②ドレンコックを締めて、フラッシングオイルを注入します。

③30分ほどアイドリングします。

④オイルを抜き、エレメントを外します。

⑤ドレンコックを締め、新しいエレメントを取り付けます。

⑥エンジンオイルと添加剤を注入します。

 

以上で交換作業が終了です。

 

 エンジンオイル交換の方法はコチラ(画像付き)

 

エンジンオイルを変えた理由としては、『10W-30のオイルが一番安い』ただこれだけの理由で使い続けていました。しかし、メーカー推進のオイルは0W-20のオイルでここ最近ではエコカー推進として販売されています。正直、オイルの粘度やグレードはわかりませんが、『メーカー推進のオイルに戻してみよう』というのと、せっかくワコーズの添加剤を使うのに安いオイルでは効果が出ないんじゃないかなと思っただけです。

 

で、気になる結果は。。。

 

なんと!

 

8.5km/Ⅼまで伸びました!!

 

ウソみたいな話ですが、本当に8.5km/Ⅼまで伸びたんです!!

 

走行時、主に停車からの出だしがちょっと重たい感じはありましたが、ここがポイントだと思います。車というのは出だしが一番燃料を使うため、ついついアクセルを踏み込み急発進から加速するのが燃費的には悪くなるのです。しかし、出だしが重く感じると踏み込むクセがなくなり自然とエコ運転になり急発進することがなくなりました。もちろん加速も十分に力が発揮できています。

 

燃費が気になりだしたら、まずはエンジンオイルの交換とフラッシング、添加剤の使用をおすすめしますよ♪

 

 

カテゴリ:メンテナンス 

ページの先頭へ