ステップワゴン(RG)エアコンフィルターを交換してみた

ステップワゴン(RG)エアコンの効きが悪かった原因

ステップワゴンRGの型はオートエアコンのため、夏場冬場問わず普段からエアコンを入れっぱなしにしていることが多いのです。その為エアコンの関わる部品の負担は日に日に増していきます。

 

特にエアコンフィルターは家庭用のエアコンと同じでホコリやゴミを遮断するためエアコンの稼働時間が多いほど汚れるスピードも速いのです。特に夏場になればエアコンをガンガンにかけると『ん?風量が弱い気がする』『エアコンのガス?故障?』なんていう疑問が多くなります。

 

そこでまず疑うべきところはエアコンフィルターです。特に交換しなくて故障につながるということはありませんが、風量が弱くなる、冷たい風が伝わってこないなどの原因となります。

 

エアコンフィルターの交換手順

早速、ステップワゴン(RG)のエアコンフィルターを取り外してみます。

 

 

赤丸印にビスが固定されています。

 

赤丸枠がエアコンフィルターのカバーです。左右にツマミがあり、簡単に取り外せます。

左が取り外したフィルターです。

ホコリや虫の死骸、ゴミがかなり詰まっています。

取付は今までの逆の手順で行います。このエアコンフィルターはカーショップやホームセンターなどでも購入できます。決して純正部品で出ないといけない訳ではありませんのでネットで社外品を安く購入するということでも全然OKです。

 

取り付け後はエアコンの風量、冷気だけでなく、カビ臭い、タバコ臭いなど嫌な臭いからも解放されました。

 

 

カテゴリ:メンテナンス 

ページの先頭へ