ファンベルトが切れたらどうなる

ファンベルトの交換時期と交換費用

車のメンテナンスの重要な部品として、ファンベルトがあります。このファンベルトはエンジンのクランクシャフト、オルタネーター、エアコンのコンプレッサー、パワステなどを回すためのベルトとなり、交換を怠り放置しておくと必ず切れます。

 

するとすぐにエンジンは止まり、再度エンジンを始動としてもかかりません。これはエンジンのクランクシャフトを回すことが出来ないからです。また、電気系、エアコン、パワステの機能も停止します。

 

このファンベルトの交換時期は5万kmに1回が目安とされています。初期症状としてキュルキュルと音が鳴りだします。次第にその音が大きくなり近所迷惑なほどの大きさになります。一般的にベルトの裏側を目視してヒビなどの劣化が見られれば交換と言われていますが、その判断が出来る人は少ないでしょう。。。

 

整備工場や中古車販売店さんなんかが判断を誤り、調整のみの整備しかしなかった場合、最悪のケース走行中にベルトが切れ、応急処置も出来ないままレッカー移動するしかありません。

 

⇧交換を怠り走行中に切れたベルト

 

⇧新品のベルト

 

このファンベルトの交換方法は、車種により本数や作業手順が異なる為、割愛させていただきますが、車体をジャッキアップさせたり、専用工具が必要となったりとプロの整備士の技術や作業場所が必要のため作業は依頼したほうが良いでしょう。

 

費用はベルト1本が約4000円前後、工賃が約7000円前後。合計11000円前後となるでしょう。走行中にベルトが切れるとレッカー移動や、最悪の事を考えると事故の可能性も十分ありますので、安い出費ではないでしょうか。

 

キュルキュル音やエアコンを入れた時の異音などを感じたらまずは点検をおすすめします。

 

廃車 買取 沖縄県はコチラ

 

 

ページの先頭へ