ワンボックスってなに?

車はボックス(BOX)によって分けられる

自動車は車内部がいくつの空間によって構成されているかでボックス分類される方法があります。

一般的に車のタイプは

  • セダン
  • クーペ
  • ハッチバック
  • ステーションワゴン
  • SUV
  • ミニバン

というように分けられます。では何がどういうボックスタイプに分けられるか解説していきましょう。

 

 

3ボックス(BOX)カー

3ボックスカーはセダンタイプです。エンジンルーム、車室、トランクルームがそれぞれ独立したスタイルです。横から見ると箱が3つ連なったように見えます。衝突時には車室前後の空間が衝撃を吸収するため、安全性は比較的高いと言えます。

車の基本的構造であり古くから親しまれているデザインです。

2.5ボックス(BOX)カー

2.5ボックスカーは荷室スペースが独立しており、3ボックスではあるものの、その広さが十分でない場合は2.5ボックスと呼ばれることもあります。

ハッチバックやクーペ、スポーツカー、ハイブリッドカーなどが2.5ボックスにあたります。

2ボックス(BOX)カー

2ボックスカーはエンジンルームと車室が分かれているスタイルで、ボディーが2つの箱からできているように見えることから、2ボックスカーと呼ばれています。正面衝突時の安全性は3ボックスカー同様に高く、荷物を積む空間が広く大きい為、商用車やレジャーなど幅広く人気があります。

一般的にステーションワゴンやSUV、4WDなどがこのタイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1ボックス(BOX)カー

1ボックスカーはボディー全体が一つの箱の形になっている乗用車タイプです。エンジンルームは運転席の下に置かれており、車室と一体化している。商用車に採用されていることが多い。

また、ミニバンと呼ばれる車も形状は異なるものの、1ボックスカーの部類として呼ばれています。今、最も人気があるタイプの車です。

ハイエース、アルファード、ステップワゴンなどがこのタイプです。

進化するボディー形状

上記のボディー形状以外にも、それぞれが居住空間や安全性を向上する目的で常に進化し続けています。軽自動車などもひと昔まえの軽自動車と比較してもボディーサイズ、安全性をはるかに超えています。

 

コンパクトカーやステーションワゴンもハイル―フになり、圧迫感がほとんどありません。また、ハイブリッドカーは構成上ハッチバックタイプ(2.5BOX)しかなかったのが、ステーションワゴン、セダン、ワンボックスタイプそれぞれに配置されており、ユーザーのニーズに合わせたバリエーションが増えてきています。

 

実際に、今まで中古車市場ではこれらボディー形状が査定金額に大きく影響を与えていましたが、今ではさほど差別化されていないのも現状なんです。

タグ: 

カテゴリ:専門用語 

ページの先頭へ